Company

夢はグローバルに、仕事は地産地消で、
SDGsのリーディングカンパニーをめざします。

弊社は古紙の回収・販売を主軸にリサイクルを生業としています。
東京、大阪、福岡をはじめ、全国に拠点を展開し、子会社を含めたネットワークは北海道や沖縄、そしてアジア各地にも広がります。
現在は、リサイクル業にとどまらず清掃業や備品レンタル業、人材派遣業など、M&Aや新分野への進出を積極的に進め、多角的な経営を進める一方で、リサイクルを通じて各地域に深く根ざす地域密着型企業として、「夢はグローバルに、仕事は地産地消で」をモットーに事業を展開しています。

今日の出会い、未来の夢。MATSUMOTO

古紙業界は、斜陽業界と言われて久しいですが、私は、まだまだ大きなチャンスが眠っていると信じています。
そのキーワードとなるのが「SDGs」です。
今や取り組んでいないと消費者に選んでいただけない新しい指標であるSDGsは、私たちの業界にとっては自然と体現してきた「当たり前」のことばかり。
その当たり前のことをSDGsという規格で改めて価値として再構築し、
発信すれば新たなビジネスチャンスが生まれると確信しています。
すでに廃棄物を減らしたいと考えている全国各地の企業と連携し、廃棄物管理を一手に引き受けるシステムの開発やコンサルティングなど、これまで弊社が培ってきたノウハウやネットワークを活かした環境経営ソリューション事業も積極的に推進しています。

また、新たな価値の発信とブランディング戦略は、雇用にもつながっていくのではないかと期待しています。
若い世代の環境意識は昔に比べるとかなり変化していて、私たちのビジネスの在り方も必然的に変わらなければなりません。
資源物の回収・リサイクルは当然のことという前提で、そこに何をプラスして新しい価値を打ち出していくか、社会的に関心が高い要素をいかに企業として活用していくか、を試行錯誤しながら、単純な古紙の仕入れや販売にとどまらない、もっと楽しい仕事が、松本光春商店ならきっと実現できるはずです。
「これがべストだ」と固執するのではなく、常に『その時の新しくてベターなもの」を追いかけ続け、勉強し続け、失敗しながら貪欲に吸収してほしいと願っています。
変化を恐れず、想像力豊かに学ぶ姿勢を持つ社員たちと共に企業も成長し、そして私も成長させていただきたいと思います。

代表取締役社長 松本伸幸

経営理念Philosophy

01リサイクルの
未来をみつめて

今、私達をとりまく環境を考える上で森林資源の消失は、地球温暖化の問題をともに世界共通の課題とされ、その対策の一つとして再生資源の活用は欠くことができません。
その中でも古紙のリサイクルは資源活用の面で重要な役割を果たしてきましたが環境行政や市民意識の高まりとともに新たな対応を求められています。
私達の会社は、豊かな感性と個性、若々しいエネルギーに満ちた人材を育み、自然環境と古紙のリサイクルの未来を据える企業
として真正面から取り組んでいます。

02継続的変化

古紙回収のシステムは、以来の個別回収から集団回収へ、さらに行政回収へと取り組みが強化されています。多様な手法を用いる事で、より多くのニーズへと対応していきます。
国内外のネットワークを活かして、多くの情報を届け、よりよい方向への変化を求め続けます。

03私たちが
めざすもの

よりなめらかな流通を図るための集中管理など、先進のシステムを取り入れながら、機械による高効率化だけでなく、基本にあるのは人と人との接点を大切にする心と、私達に何ができるかの問いかけを、日々積み重ねていくことにあります。
笑顔が絶えない明るい職場環境のもとに人と自然に、ありがとうございます、と心からいえる企業として、地域の生活文化に貢献したいと願っています。

04「人」に優しく、
「自然」を生かす。
緑ある人々の
幸福を、
かたちに込めて。

  • 環境を考える経営

    リサイクルの企業活動は人と自然を生かすこと。当社の
    存在理念があります。

  • 人が動かす企業の経営

    それぞれの個性の尊重と自由な発想を育む環境。企業は
    一人ひとりの力の集結によって動きます。

  • 人間尊重の経営

    はじめに「人」ありき、人と人との出会いを大切にす
    る、当社の基本スタンスです。

  • 堅実と革新の経営

    的確な現状把握と、未来を据える力も全社員一体となっ
    て取り組んでいます。

会社概要Company info

商  号
株式会社 松本光春商店
本  店
香川県高松市栗林町
1-15-18
本  社
〒760-0078
香川県高松市今里町2-29-15
TEL (087) 831-6477  FAX (087) 861-1474
事業所
詳しくはこちら
グループ
展開
詳しくはこちら
事業内容
製紙原料の収集運搬及び販売
廃棄物処理業務のコンサルティング業務
人材派遣事業
資本金
1,000万円
創 業
昭和23年8月
法人設立
昭和42年3月2日
従業員数
令和4年9月 
185名(正社員171名、パート14名)
(グループ含め1,076名(正社員326名、パート750名))
売上高
令和4年9月 134億円(グループ合計170億円)
決算期
9月
取引銀行
百十四銀行、三菱東京UFJ銀行、商工組合中央金庫、
みずほ銀行、香川銀行、阿波銀行、伊予銀行、四国銀行
主要
販売先
大王製紙(株)、兵庫製紙(株)、王子製紙(株)、日本製紙(株)、レンゴー(株)
主要
輸出先
ベトナム、タイ、インドネシア、韓国、マレーシア
所属団体
全国製紙原料直納商工組合連合会、四国製紙原料商工組合
古紙商品化適格事業所認定(四国)
行政許認可など
  • 廃棄物再生事業者登録

    高松 工場 登録番号 第32号
    丸亀 工場 登録番号 第55号
    三豊 工場 登録番号 第72号
    観音寺工場 登録番号 第73号
    大阪 工場 登録番号 第170号
    福岡 工場 登録番号 第33号
    福岡西工場 登録番号 第62号
    船橋 工場 登録番号 第117号

  • 産業廃棄物収集運搬業

    香川県
    愛媛県
    福岡県
    徳島県
    大阪府

  • 産業廃棄物処分業

    香川県
    高松市

  • 一般廃棄物収集運搬業

    (香川県)
    高松市
    丸亀市
    善通寺市
    多度津町
    綾川町
    三豊市
    観音寺市
    (愛媛県)
    四国中央市

  • 一般廃棄物処分業

    丸亀市

  • 一般廃棄物処理施設設置

    高松市

  • 計量証明事業登録

    高松 工場 登録番号 第67号
    三豊 工場 登録番号 第71号
    丸亀 工場 登録番号 第81号
    観音寺工場 登録番号 第82号

会社沿革History

昭和

  • 国内事業
  • 海外事業
  • 1948(昭和23年)国内事業松本光春商店として創業
  • 1955(昭和30年)国内事業高松市に栗林工場を開設
  • 1966(昭和41年)国内事業高松市に高松工場を開設
  • 1967(昭和42年)国内事業株式会社松本光春商店を設立
  • 1974(昭和49年)国内事業三方プレス機導入
  • 1979(昭和54年)国内事業ベーラーマシン(100馬力)導入
  • 1982(昭和57年)国内事業丸亀市に丸亀工場を開設
  • 1983(昭和58年)国内事業観音寺市に観音寺工場を開設
  • 1988(昭和63年)国内事業高松工場に選別機を導入

平成

  • 1989(平成元年)国内事業オフィス機密書類回収開始大型シュレッダーを導入
  • 1990(平成2年)国内事業福岡工場を開設(福岡県糟屋郡)
  • 1992(平成4年)国内事業高松市に営業本部を開設同本部で
    の集中管理システムの確立
  • 1994(平成6年)国内事業古紙の海上輸送を開始
  • 1996(平成8年)国内事業大阪工場を開設(大阪府八尾市)
    50トンスケール設置(トレーラー用)
  • 1997(平成9年)国内事業三豊市山本町に観音寺古紙物流センターを開設
    福岡市に福岡古紙物流センターを開設
    海外事業株式会社松本光春商店北京代表所
    (中国)を開設
  • 2001(平成13年)国内事業福岡西工場を開設(福岡市西区)
  • 2002(平成14年)国内事業三木物流センターを開設(香川県)
    国際事業部を開設
    海外事業ホーチミン事務所(ベトナム)を開設
  • 2003(平成15年)国内事業船橋工場を開設(千葉県船橋市)
    海外事業北京松本光春環保資源再生有限公司(中国)を設立(BMM)
    北京通州工場(中国)を開設(BMM)
  • 2004(平成16年)国内事業ISO14001認証取得(環境マネージメントシステム)
    ぱぴれっくす事業部開設(出張細断車両導入)
  • 2005(平成17年)
    海外事業北京松本進出口貿易有限公司(中国)を設立(BMT)
    大連一光環保資源再生有限公司(中国)を開設(DTL)
    大連工場を開設
  • 2006(平成18年)国内事業北九州物流センターを開設
    海外事業青島一光進出口貿易有限公司(中国)を設立(QTL)
  • 2007(平成19年)国内事業観音寺新工場を開設
    (香川県観音寺市)
    旧観音寺工場を三豊工場へ名称変更(香川県三豊市)
  • 2008(平成20年)国内事業プライバシーマーク認定(JIS Q1500適合)
  • 2009(平成21年)国内事業本社移転(香川県高松市)
    資源物ポイントカードシステム開始
  • 2010(平成22年)
    海外事業瀋陽光輝物業管理有限公司(中国)を設立
  • 2012(平成24年)
    海外事業上海光春物業管理有限公司(中国)を設立
    天津松本物業服務有限公司(中国)を設立
  • 2013(平成25年)国内事業エコライフ事業部設立
    千葉県で機密文書出張裁断処理サービス開始
    海外事業天津松本物業服務有限公司
    上海分公司(中国)を設立
  • 2014(平成26年)国内事業東京支店 開設 
    (東京都中央区日本橋本町)
    人材派遣事業部(Crevastaff)設立
    廃棄物一括処理システム(EPE)
    開発
  • 2015(平成27年)国内事業福岡県で機密文書出張裁断処理サービス開始
  • 2016(平成28年)
    海外事業松本光春企業股份有限公司(台湾)を設立
  • 2017(平成29年)国内事業福岡工場事務所新築
  • 2018(平成30年)国内事業経済産業省より地域未来牽引企業として認定
    業務支援システム「つながるワークス」開発
    かがわ働き方改革推進宣言企業として登録

令和

  • 2019(令和元年)国内事業丸亀工場事務所新築
    電子契約システム(Digital Document Sign)開発
    香川県「事務所まるごと健康宣言」に参加
    海外事業錦滙再生資源有限公司
    (中国)設立
  • 2020(令和2年)国内事業新人事制度システム導入
    新物流システム導入
    東京支店移転
  • 2021(令和3年)国内事業丸亀セキュリティールーム 追加
  • 2022(令和4年)国内事業福岡西工場 改装
    東日本営業所設立
  • 2023(令和5年)国内事業大阪支店設立

未来

  • 20XX国内事業高松新工場移転