「瀬戸内サーキュラーエコノミーツアー 2022.11.25~11.27」に、弊社 山城四国リサイクルプラザ・ウエス工房が訪問先として選定されました

モノづくりと廃棄物とアートから、人間と自然との関係性を再考する、瀬戸内サーキュラーエコノミーツアー(主催:東交トラベル株式会社 企画:ハーチ株式会社)に、弊社 山城四国リサイクルプラザ・ウエス工房が訪問先として選定されました。

 

出典:モノづくりと廃棄物とアートから、人間と自然との関係性を再考する瀬戸内サーキュラーエコノミーツアー

廃棄された衣料品を回収し、ウエス(清掃に用いられる布)を製造、出荷を行っている山城四国リサイクルプラザ・ウエス工房。毎日のように中古、新品問わず大量の衣料品が運ばれてくる場所だ。ここでは、衣料品の回収の流れや廃棄の課題などをスタッフの方に伺いながら、施設を見学する。
売り場に並んでいたのとほぼ同じ姿で、値札もタグもついたままに回収現場にたどり着いた大量の衣服たち。東南アジアで作れらたこれらの服の中には、一度も着られることがないまま再び東南アジアへと輸出されるものもある。大量に積みあがった衣服を目の前にして、あなたは何を思うだろうか。大量生産・大量消費を伴うリニアエコノミー矛盾を体感することは、サステナビリティについて考える上での強い原体験となるだろう。

 

衣料廃棄物は、リサイクルが難しく、コストがかかるため、多くが焼却・埋め立て処分されている現状があります。
松本光春商店では、主要業務の古紙リサイクルだけでなく、家庭から出る布類など、幅広いリサイクルに努め、廃棄物の削減に貢献しています。ご家庭で着られなくなった衣類を仕分けし、海外へ提供したり、工業ウエスに再利用するなどのリユース活動を推進しています。