一括業務管理

PC 全国全事業所のデータを一括管理 廃棄物関連業務の省力化、省コスト、コンプライアンス強化の画期的ソリューション

一括業務管理

全事業所の廃棄物回収〜処理までを一括管理することで、各事業所ごとの排出状況が「見える化」されます。廃棄物担当者が簡単に状況の把握ができます。さらに、一括管理データを使い、御社全体の廃棄物やエネルギーを徹底管理できます。

一括管理業務の全体像

法令遵守した安心・安全な廃棄物処理の行程確認、廃棄物の資源化によるコスト低減を業務管理システムで一元管理。 業務の省力化・省コストを実現します。 さらにすべての処理がデータ管理されるため、現状把握を行ったのち、コスト、排出量のさらなる最適化を提案。運用改善することができます。

松本光春商店の一括管理業務を導入するメリット

1. 法令遵守の強化

市町村や都道府県でルールが変わり非常に分かりにくいのが現実です。 マニフェストや全国の廃棄事業者の許可状況などをデータで一元管理して処理の工程の「見える化」を実現。 一括管理業務の導入で、法令遵守した安心・安全な廃棄物処理を簡単に行えます。 もちろん事業所が他の都道府県になる場合も、現地の業者と連携するので安心です。

2. 資源化による廃棄コストの低減

資源物を販売して、御社に買い取り金額を還付することで、省コスト化を行います。 しかし、資源物の販売価格は様々な要因で変動するため、安定的な販売が課題となります。 当社の古紙問屋としてのノウハウ、築き上げた信頼から日本全国、海外に広がるネットワークへの販売により、御社の資源物も安定的に販売することができます。 資源物売却における輸出ルートの重要性
排出物の組成の内大半を占める紙ゴミ(段ボール含む)とプラスチック類を安定的かつ効率的に売却する上で輸出を如何に使うかは重要なポイントとなります。 古紙で年間約2,180万トン中の約23%の493万トン 廃プラスチック年間945万トン中約17%の160万トンが輸出されています。 (平成24年度数値) 輸出は国内使用量との需給ギャップ解消に必要不可欠です。

3. 企業の社会貢献活動

現代の企業は、ステークホルダーに限らず社会全体から、誠実さを求められています。 御社の法令遵守、社会的責任の履行を、定量で示すことが重要になっています。 御社の廃棄物資源化による効果を数値化してログレポート。 定期的なCSRレポートは御社のブランディングにもつながります。

一括管理業導入にむけたスケジュール

コストについて

固定管理費、有価物の価格改善、廃棄物の資源化によるコスト低減

の3つを組み合わせることで、御社の廃棄コストを最適化します。 コストについて 参考:基本的な1件あたりの管理費用
  • ■基本管理費:5,000円 (管理ソフト利用時4,000円)
  • 実務業者の選定/スポット案件対応 業者指導/廃棄物削減提案と検証 コンプライアンス管理/支払請求業務数量報告/環境報告作成代行
  • ■管理ソフト利用料:2,000円
  • コンプライアンス管理/支払請求業務数量報告/環境報告作成代行

松本光春商店のその他のオススメサービス